相続時清算課税の時の贈与税額の計算について
相続時清算課税の適用を受ける場合、贈与税額の計算はどのように行えばいいですか?

贈与税の課税価格から特別控除額を差し引いた金額に、一律20%の税率を乗じることにより、相続時清算課税の適用を受ける場合の贈与税額を算出します。

ちなみに、相続時清算課税の適用を受ける場合の贈与税の課税価格の算出については、相続時清算課税の適用対象の財産を、その贈与者以外の人から贈与された財産と区別し、その贈与者からその年に贈与された財産の価額を合算すると、その合計額が、贈与税の課税価格となります。
なお、相続時清算課税の適用対象の財産に関して、暦年課税の適用を受ける場合の基礎控除額である110万円を控除することは不可能です。

また、特別控除額の算出については、2,500万円(既にこの特別控除の適用を受けて差し引いた金額があるなら、その金額の合計額を差し引いた残額)又は贈与者ごとの贈与税の課税価格のいずれか少ない方の額が、特別控除額となります。
なお、この特別控除額を差し引くためには、原則として、贈与税の申告書に、特別控除の適用を受ける金額や、既にこの特別控除の適用を受けて差し引いた金額があるのであればその金額といった必要事項を記し、その申告書を申告期限内に提出する必要があります。

このように贈与税の課税価格から特別控除額を差し引いた金額を、贈与者ごとに算出し、その金額に20%の税率を乗じると、相続時清算課税の適用対象の財産に係る贈与税額となります。