贈与税が課税される場合について

贈与税が課税されるのは、個人から財産をもらった場合です。

 ちなみに、会社等の法人から財産をもらった場合には、贈与税ではなく、所得税が課税されます。
 なお、債務の免除等によって利益を受けたときや、自身が保険料を支払っていない生命保険金を受領したとき等には、贈与されたという取扱いがなされ、贈与税が課税されます。
ただ、亡くなった人が自身を被保険者として保険料を支払っていた生命保険金を受領したときには、贈与税ではなく、相続税が課税されます。

 そして、贈与税には、暦年課税及び相続時清算課税という二つの課税方法が存在します。このうちの相続時清算課税を利用するためには、一定の要件を満たす必要があります。