直系尊属から住宅取得等資金の贈与を貰った時
2013年に父から住宅取得等資金の贈与を受けました。この場合、相続時清算課税と直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税の特例の適用を共に受けることができるでしょうか?

2012年から2014年までに住宅取得等資金の贈与を受けたのであれば、相続時清算課税と直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税の特例を、各々の特例の要件に該当すれば、共に適用することが可能です。

 ちなみに、住宅取得等資金のほかにそれ以外の財産についても、同じ者から同じ年に贈与を受けた場合において、住宅取得等資金について贈与税の課税価格に算入される金額が存在するときには、仮に住宅取得等資金の贈与に関して相続時精算課税を選択したとすると、それ以外の財産に関しても相続時精算課税の適用を受けることになります。

そして、このような場合には、第一に住宅取得等資金の金額から非課税の特例の対象となる非課税額を差し引きます。その後、控除しきれなかった住宅取得等資金の金額とそれ以外の財産の額を合計し、その合計額から相続時清算課税の特別控除額(上限2,500万円)を差し引きます。これらの控除を経た残額に、一律20%の贈与税が課されることとなります。