相続時精算課税を選んだ時の代襲相続人の範囲
相続時清算課税制度を利用できる人の要件の一つに、贈与者の推定相続人であることというものがありますが、この相続人に、代襲相続人も含まれますか?

贈与者の推定相続人とは、贈与した日の時点で、その贈与をした人の直系卑属のうち、最先順位の相続権を有する人をいい、この相続権には代襲相続権も含まれます。すなわち、贈与者の推定相続人に、代襲相続人も含まれるということができます。
なお、推定相続人であるか否かは、その贈与の日の時点で判定を行うことになっています。